目元 乾燥 しわ

目元・目の下・目尻の乾燥しわをなくすには?

目元,目の下,目尻,乾燥,しわ,シワ

目元や目の下・目尻やまぶたなど目の周辺にある小じわは、空気が乾燥する季節に目立つようになるものです。

 

そのため、目元のシワケアには保湿さえ行なっておけば良いと考えてしまいがちですが…実はここに大きな落とし穴があります。

 

特に30歳以上の年齢の女性は目元のしわをなくすケアの前に、シワができる乾燥以外の原因をしっかりと知っておかなければなりません。

 

目のまわりにシワができる本当の原因とは?

ちりめんジワと呼ばれる目に見えるか見えないか程度の細かいシワであれば、その原因は乾燥だけと言っても良いでしょう。

 

しかし、見た目は小さく細かくとも、入浴後など肌がしっかりと保湿された状態でも浮かび上がっているシワの原因は、実は肌のハリ・弾力低下によるものなのです。

 

肌のハリと弾力を支えているのは肌の表面の皮の奥にある真皮内のコラーゲンやエラスチン線維ですが、紫外線のダメージや加齢などによる肌老化よってコラーゲンやエラスチンが減少していってしまいます。

 

そうなってしまうと目のまわりの肌はピーンとしたハリを失ってたるんでしまい、そこへ乾燥や表情のクセによるシワができると定着してしまうというわけですね。

 

そのため、目元や目の下や目尻にできた小じわケアには、保湿だけでなく肌の真皮内のコラーゲンやエラスチンを増やしてあげるケアが必要になるのです。

 

それでは、コラーゲンやエラスチンが配合された化粧品でケアをすれば良いんだ!と思われたかもしれませんが…ここでも注意しなければならない重要なことがあります。

 

肌へコラーゲンを直接塗っても意味がない!

肌のコラーゲンを増やそうとコラーゲンが含まれる化粧水などを使ってスキンケアしても、真皮のコラーゲンを増やすことはできません。

 

何故なら、肌の表皮にはバリア層というものがあって、肌から侵入する外敵を防ぐ働きをしてるからです。肌に水をつけても、その水が肌から体内に入ることはありませんよね?

 

これは分子の大きさの問題もあるのですが、仮に水をナノ化して分子を小さくしたとしても…その水は表皮の角層には浸透しますが、その奥の真皮内に吸収されて体内の水分になることはありません。

 

これと同じようにコラーゲンを直接肌へ塗っても、真皮のコラーゲンを増やすことはできないのです。(コラーゲンは保湿作用がありますから、肌の角層の水分量を増やす保湿成分としては有効です。)

 

コラーゲンサプリメントを飲んでも増やせない!?

目元,目の下,目尻,乾燥,しわ,シワ

ちなみに、飲むコラーゲンであるサプリやドリンクを摂取しても、それがそのまま肌の真皮のコラーゲンになることもありません。

 

コラーゲンは体内に吸収された時点で分解されてアミノ酸になり、体のあらゆる組織をつくるために使われます。

 

もちろん、栄養を取るという点では悪いことではありませんが、コラーゲンを飲んだから肌がぷるぷるになる!といったような誇大表現に騙されないようにしましょう。

 

真皮のコラーゲンを増やす正しい方法はコレ!

真皮のコラーゲンやエラスチンを増やす方法は、肌の中にコラーゲン線維やエラスチン線維を生み出す「線維芽細胞」を活性化させてくれる成分を使うしかありません。

 

「線維芽細胞」を刺激してコラーゲン合成を高める働きをしてくれる成分として、レチノール・ビタミンC誘導体・ナイアシンなどが代表的です。

 

この中でもレチノールがもっとも強力な成分となっているので、レチノール配合のアイクリームを使うのが目のまわりのシワを改善するのに役立ちます。

 

ただし、レチノールは効果が高い反面やや肌への刺激が強い成分ですから、通常のレチノール配合のアイクリームを使うよりも、低刺激で浸透率が格段に高いパルミチン酸レチノール配合(レチノール誘導体)のものを選ぶのがベストです。

 

※パルミチン酸レチノールとは?
ビタミンAの一種で、通常のレチノールより刺激が弱く、肌への浸透力が断然に高いとされる。肌のターンオーバーを促して、真皮のコラーゲンを増やす作用がある。特に目元の小じわ解消に効果的で、ほうれい線やおでこのシワなどの深いシワの予防に使用することも可能(シミにも有効な成分)。刺激が強いため、敏感肌の人は注意が必要。

 

目のまわりのシワ対策アイクリームに必要な3つの成分とは?

 

  • 肌の水分量を増やす保湿成分ヒアルロン酸配合。
  • 水分キープ力を高める最強の保湿成分セラミド配合。
  • コラーゲンを増やすパルミチン酸レチノールを配合。

目元,目の下,目尻,乾燥,しわ,シワ

上記の成分が含まれていれば、肌を乾燥からしっかりと守りつつ、肌のハリや弾力をコラーゲンを増やして回復できるので、目元・目の下・目尻などのシワ改善には最適なアイクリームといえます。

 

また、肌への浸透力の高さも重要なポイントとなりますので、成分を低分子化して高濃度で配合しているもの、さらには肌への負担が少ない低刺激処方がされているものを選ぶようにしましょう。

 

すべての条件をクリアしたアイクリームはこちらとなっていて、@コスメアイクリーム部門でも高評価で今なら《半額キャンペーン+60日間返金保証》で気軽に試せるようになっています。

 

目元,目の下,目尻,乾燥,しわ,シワ

 

▲詳細はこちらをクリック▲